消費税増税 新車購入時期は?モデル末期の安価モデルより新車を購入したほうがいい理由

1

≪スポンサーリンク≫


現行型がとてもよいので、
モデル末期でもお薦め、

と太鼓判を押せる優れたクルマは、
数多く存在してほしいところ。

ところが実際は現行型を推奨できない
車種が多い。

最近のクルマ作りはコスト低減が激しく、

内装や乗り心地といった質に関する部分に、
不満が増えたからだ。

また今はクルマが熟成器に入り、
動力性能や車内の広さは十分な
水準に達した。

その結果、

進化の焦点が安全性と環境&燃費に
絞られている。

安全性は交通事故の完全防止、
環境&燃費はソーラーカーのような、

給油や充電を必要としない
クルマが究極の詩型だが、

道のりは長く今後も進化が続いていく。

となれば、安全性と環境&燃費を
重視してクルマを選ぶなら、

新しければ新しいほど良い。

動力性能や社内の広さと
違って進化が滞ることがないからだ。

☆新車購入の資金をアップ!愛車を65万円高く売る方法とは?

 

言い換えれば、

『モデル末期でもお薦め』とするには、

相当に優れた現行型であることが不可欠だ。

では優れた現行型はどれかといえば
軽自動車に多い。

例えば、

軽自動車の燃費は今後も進化するが、
直近の3~5年の間に大幅に向上した。

先代ワゴンRのモデル末期は
JC08モード燃費が22.4km/Lだったのが、

現行型の主力グレードは33㎞/Lだ。

この数値は先代型の147%に達するから、
現行型を買うと燃費代が先代型の
68%ですむ計算となる。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

それなら次期ワゴンRのJC08モード燃費が、

現行比で147%、つまり48.5㎞/Lに
達するかといえば、それは無理だろう。

40㎞/L前後が限界で、

燃費向上率は多くて133%程度だと思う。

となれば燃費向上のピークは現行型だろう。

 

安全面でも現行ワゴンRには

赤外線レーザー方式の緊急自動ブレーキ
が装着され、

モデル末期でも推奨できる。

☆新車購入の資金をアップ!愛車を65万円高く売る方法とは?

また現行型の軽自動車を進める別の
理由として、

今後の質感低下も上げられる。

今は競争が激化してコストを高め過ぎた
面があり、

次期型で簡素化する心配があるのだ。

この兆候は2015年12月に行われた
タントのマイナーチェンジに
見受けられる。

変更前のタントカスタムでは、

上級グレードに幅の広い
フロントグリルLEDイルミネーションが
標準装着されていた。

 

人気の装備だったが、

変更後は非装着になって
ディーラーオプションに落とされた。

今後の軽自動車では、
粗利を高くするため、

車種をとわず装飾類を省く可能性がある。

☆新車購入の資金をアップ!愛車を65万円高く売る方法とは?

セレナも現行型の価値が高い。

次期型は低床化して乗降性や
走行安定性を向上させる半面、

現行型の多彩なシートアレンジは
失われるだろう。

現行型ではシートの長い
スライドレールなどが車両重量を
増やしており、

簡素化すれば、

重量と超すとを削減できて燃費も
向上させやすいからだ。

セレナの便利で楽しい社内が
好きなら現行型をおススメする。

現行型と次期型で購入の判断
をするときは、

『将来のクルマの欠点』

を予想する必要もある。

これを避けるには、
現行型を買う必要があるからだ。

では将来のクルマの欠点が何かといえば、

質感低下もあるが、

セダンやクーペでは視界と
取り回し性だ。

☆新車購入の資金をアップ!愛車を65万円高く売る方法とは?

 

昔はどの車種でも前後左右が見やすく、

ボンネットも視野に入って車幅は
5ナンバーサイズだった。

それが今では
外観の塊感や存在感が重視され、

国産、輸入車をとわず、
サイドウインドの下端が高い。

そのために側方と後方の視界が悪化して、
ボンネットは見えにくくボディの
ワイド化で運転もしにくい。

この悪しきデザインの流行は
今後も続くから、

視界のよい車種を買うなら現行型を
選びたい。

特にインプレッサは現行型を推奨する。

 

第44回東京モーターショーに参考出品
されたインプレッサ5ドアコンセプトは、

サイドウインドの下端を後ろへ
大きく持ち上げ、

ボディの後端のピラーも太い。

デザイナーに、

『次期型はこんなに通俗的で、
側方と後方が見にくいクルマになるの?』

という質問について、

『これはコンセプトカー。
スバルは前方以外の視界も重視する』

との返答ではあったが、

あのコンセプトカーを見る限り視界の
悪化が心配だ。

同様にカローラアクシオ&フィールダー
も現行型を推奨する。

原点回帰をテーマに開発され、

ボディをコンパクトに抑えて
外観は水平基調だから、

視界がよくて運転しやすい。

 

しかし、

マイナーチェンジでグリルが
迫力満点の形状に変わり、

外観のバランスを著しく欠いた。

この流れでいけば、
次期型は視界の悪いスポーティな
方向に発展する。

運転のしやすさなで選ぶなら、

カローラアクシオ&フィールダー
は現行型を推奨したところだ。

☆新車購入の資金をアップ!愛車を65万円高く売る方法とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク