スズキ 新型アルトワークス S660やコペンより性能は上か?

2014年12月にフルモデルチェンジした
現行型アルト。

発表の時点で

『追ってターボエンジンを搭載する
ターボRSが追加される』

ことが明らかにされ、
2015年3月にターボRSが登場した。

最高出力64ps、最大トルク10.0kgm
を発揮する658㏄ターボを搭載する
ターボRSは、

わずか670kgという軽量ボディと
相まって、

意外なまでのパンチ力を発揮。

加速性能だったらS660や
コペンをグイッとリード
する暴れん坊ぶりを見せつける。

でも、

やっぱりアルトのターボだったら
ワークス』じゃないの?

そんな声に応えるように
2015年12月24日に新生アルトワークス
が発売開始された。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ターボRSは2ペダルの
5速AGSの設定だったが、

ワークスには3ペダル5速MTが設定された。
(AGS仕様も設定される)

レカロシートや専用チューニングの
サスペンションなどで

ターボRSよりスポーティな走りを
楽しめるようになっている

特に5速MTはショートストロークで
ダイレクトなシフトフィーリングを
目指したと、開発陣は胸を張る。

ギア比もターボRSの5速AGSとは
異なり、

1~4速を全体的に
ややハイギアードとしながら

クロスレシオ化してスポーティな走りに対応。

エンジンは冷却性能の向上により
最大トルクを0.2kgm高めた、

10.2kgmとするとともに、

アクセルレスポンスを10%向上
させている点にも注目したい。

消費税増税 新車購入時期は?モデル末期の安価モデルより新車を購入したほうがいい理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク