スズキ カプチーノ 弱点 『2速に入りづらい』

スズキのカプチーノ
言えば軽自動車でありながら
本格的なスポーツカーの走りが
楽しめる名車ですが、

同時に多くのファンに
惜しまれつつも生産が終了してしまった
車でもあります。

しかし社長が鈴木俊宏氏に

代替わりしたスズキでは
抜本的な社内体制の改革も行われ、

現場の「売れる」という
判断をより重視するようになりました。

その中で期待されるのが
カプチーノの復活なわけですが、

しかしネックになるのは
カプチーノが持つ弱点です。

 

カプチーノは本格的な
スポーツカーの走りを楽しむという
コンセプト上、

マニュアルに高い人気がありました。

しかしカプチーノに
搭載されたミッションは
少々ギアチェンジに難があり、

特に実際に乗っている人の中では

「2速に入りづらい」という声が
上がっていました。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ある程度走行してエンジン
が暖まれば改善することが多い
ともされていますし、

この入りづらさも
カプチーノならではの味わいだと
考えるオーナーも多いのですが、

初めてこの車に乗るという

新オーナーにとっては違和感を
感じるポイントになりかねないでしょう。

尤もこれは過去のスズキの技術で
作った場合の話ですから、

技術がさらに蓄積された今の
スズキであれば難なくクリアし
て見せる可能性は高いです。

 

しかしながらカプチーノの
弱点としてそういった点があることは
確かなわけですから、

今後カプチーノが復活した際に
どのような形になっているのか、

そしてその新しい形が市場と
オーナーに受け入れられるのか
というところは特に注目したい
ところだと言えます。

消費税増税 新車購入時期は?モデル末期の安価モデルより新車を購入したほうがいい理由

また現代社会では車に対して
求められる要素も大きく異なるように
なってきたという事実もあります。

もちろんスポーツカーを
テーマとしたこの車のオーナーとなる人が
ワゴン車のような使い方を
求めるのかというとそうではないでしょうが、

この車の持ち味を生かしつつ

どう時代に合わせていくのか、

ここも注目したいポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク