マツダ CX-3 一部改良でなにが変わった!?

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

新型の登場から
わずか約10か月。

2015年12月24日に早くも
CX-3の一部改良モデルが登場。

既存のユーザーの恨み節が
聞こえてきそうな気もしますが、

これも真摯にクルマを煮詰めている
ひとつの証でしょう。

 

その改良モデルについて、

主な改良点は、

・エンジンのトルク応答を緻密に
コントロールする

『DE精密過給制御』の改良。

 

・前後ダンパー内部構造と
グロンとスタビライザーの構造改良

 

・電動パワステの制御を改良

 

・ナチュラル・サウンド・スムーザーを
全車標準装備化。

 

・最上級グレードにブラックレザー
内装使用を追加

 

外観は一切変わっていません。

しかし、その一方でエンジンの制御や、
足回り、

そして内装には上級グレードに
ブラックレザーシートを追加するなど、

きめ細やかな改良が施されています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

CX-3に搭載される
1.5Lのディーゼルエンジンは、

従来から実用域でトルクも
たっぷりあったのですが、

最大トルクの発生回転域は
1600~2500回転となっていて、

実はこれよりさらに低い
回転域で10~20㎞で走行中
といった状況からアクセルを
踏み込むと、

加速の物足りなさを感じる
面もしばしばありました。

 

ところが、

新型は一味違い、

アクセル操作に対して、

よりリニアにトルク応答を制御する

『DE精密過給制御』を行った
ということで、

明らかに感じるほど加速の
出足が鋭い。

 

さらに高速走行時には、
リアのばたつきも抑えられ、

足はしなやかに変貌。

聞けば

『ダンパー内を流れるオイル量特性を見直した』

ということで、

前後方向の入力を抑え、

ピッチング量は約20%も低減した
ということです。

見た目は変わらないですが、
中身ははっきりと進化しているのです。

マツダ CX-4 ディーゼル搭載でCX-5と同じ2.2L

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク