トヨタ新型エスティマ ブログなどで公開されているスペックはこれだ!

トヨタの新型エスティマ
ブログなどで公開されているスペックを

まとめてみました。

現在決定しているスペックです。

全長:4800mm
全幅:1810mm
全高:1735mm

ちなみに現行モデルは

全長:4815mm
全幅:1820mm
全高:1745mm

全体的に少し縮むんですね。

といってもそれほど大差は
ないです。

搭載されるパワートレインは
3.5LのV6は消滅

これは時代の趨勢に合わせた
感じです。

メインは2AR-FXEを搭載する
2.5Lハイブリッドとなり、

日本と中国向けには、
2.5L直4の2AR-FE型ガソリンも
ラインナップされるとのこと。

プラットフォームも一新され、
フロントセクションは
マイナーチェンジ
プラットフォームを使い、

リアはミニバン用に設計された
新低床プラットフォームを採用。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

基本的には、今年12月に発売?
されるアルファード/ヴェルファイア
と共通ですが、

ホイールベースは2900mmに。
(現行は2950mm)

さらに乗り心地と運動性能を両立
するために

リアには新しくダブルウィッシュボーン・サスペンション

が奢られる。

駆動方式は、全車FFに。

もしかすると、後追いで
4wd追加の可能性もあり。

エクステリアデザインは
エスティマの伝統を引き継ぎ、

ワンモーションの卵形。

フロントエンドからリアエンド、
さらにリアコンビランプまでを
貫くような、

ブリスターフェンダー風の
大胆なプレスラインが
アクセントになっています

インテリアは先進的なイメージ
をさらに昇華させ、

随所に【和】のテイスト
を盛り込むんだとか。

ハイブリッド車では、
懸案だったセンターに配置
されたバッテリーを
リアアクスル前方に配置し、

これでハイブリッドであっても
ウォークスルーが可能になりますね。

車重はハイブリッドが1870kg、
ガソリン車が1770kg。

装備による違いはあるにせよ
このくらいの車重に落ち着くでしょう。

新型エスティマの開発が決定したのは
2014年の夏。

発売予定は2017年前半ごろとみられています。

>>>エスティマ関連記事はこちらへ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク