トヨタ新型オーリス ビッグマイナーチェンジへ

pixel113

トヨタからニューオーリス誕生の
知らせが。
初の1.2Lターボ搭載で2015年の2月
に誕生を予定しています。

トヨタの次世代パワートレイン
戦略がますます盛んになってます。

現行オーリス

これまでハイブリッド化を
推進してきたトヨタですが、

レクサスNXでターボを投入して
きてことから、

排気量を落としターボにより
パワー&トルクの増大を図り

トータルで燃費と性能を両立
させるダウンサイジングへと
移行させてきています。

ヨーロッパでは種類になって
いる、このダウンサイジング。

ターボ化してコンパクトカー
にも導入をしていきます。

トヨタは過去に、

1.4L直噴ガソリンターボや、
1.2Lターボも開発をしている
とされていました。

その1.2Lターボが搭載される
クルマはオーリスの
ビッグマイナーチェンジと同時に。

オーリスのテコ入れをしたい
がための導入となりますね。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

トヨタの2L以下の乗用車では
アクア、
プリウス、
ヴィッツ、
シエンタ、
などは売れているのですが、

オーリスは苦戦中・・・

イメージ的には
スポーティなオーリスを
ターボ化し、
さらに確変を起こしたいところ。

久しぶりとなるトヨタの
小排気量ターボエンジン。

スターレットやコルサなど
の1980年代とは異なり、

燃費がとにかくすごい。

性能的には2Lクラスまでを
カバーして、最高出力は
そこそこでも、
トルクが厚いんです。

2LのレクサスNXに積まれる
8AR-FTSの場合は、

最高出力238ps
最大トルク35.7kgm

ということから、
NAエンジンの3Lクラス以上
となりますね。

この点から、

1.2Lターボは115ps/19.0kgm
当たりと推測されています。

エンジンのベースは
2014年の4月に新しく
開発された、

1NR-FKE、高効率1.3エンジン。

この1.3Lを100㏄スケールダウン
した7AR-FTSが新しい
オーリスに搭載されるようになる、
ということですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク