s660 ブログ サーキット 筑波アタックレポート!

WS000005

S660編

軽自動車のミッドシップ
スポーツカーS660が登場
しました。

存在はビートの再来ですが、

今回は兄貴分のNSXに通じるほど、

リアルに楽しめると
話題になっています。

FF車の横置きエンジンは
ギアボックスとデフが
一体となっているので、

そのままリヤに配置する
ミッドシップが作りやすい
ということ。

トヨタのMR2がセリカの
トランスアクスルを
ミッドに搭載したのが、

日本車のミッドシップの
始まりかもしれません。

ホンダはビートで
軽自動車のミッドシップ
を開発し、

クルマ好きを引き寄せました。

しかし、

その後の軽自動車規格の
変更を受けて、

生産が終わってしまったのです。

その代わりに登場したのが
新型Zでした。

このミッドシップは
運転性能のためというよりも

軽トラックであるAWDの
パワートレインを使って
4シーターミッドを開発
したのです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

新規格に合致した
次世代軽自動車だったのが、

一世代で消えてしまいました。

ちなみに、この
ミッドAWD4シーターのZに
カーオブザーヤーで
満点を与えることがありました。

気になるS660のパフォーマンス
ですが、

アルトターボRSはシングルクラッチ
ですが、

700kgを着る軽量化で
走りはキビキビしているという
感じ。

普通のラジアルタイヤを
履いているのですが、

テストでも速さは実証済み。

ホンダのS660はミッドシップ
に期待はできますが、

重量が重いので、
そこがきになるところ。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

さっそく走らせてみると、

6速MTとCVTと、両方での
トライが実行されました。

テスト時には、

ESCをカットさせますが、

完全にはカットできません。

整備場の都合で
完全かっとも可能だということ
なのですが、このテストdえは
試されていません。

CVTでのアタックですが、

アルトターボRSは
ダイレクト感のある
シングルクラッチで
走りを際立させていますが、

S660は親しみやすいCVT。

初心者にも受け入れやすい
ものだろうと感じさせます。

コーナリング中に
スロットルコントロール
しにくいので、
好みでない人もいるかも
しれませんが、

S660はスロットルを
全開かオンオフのデジタル式
なので、CVTでもなんとか
なるみたいです。

 

新型86マイナーチェンジ スカイアクティブボディを組み込んだ開発が焦点

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク