マツダ新型デミオの燃費がすごい!カタログではCX5を超えるスペック。

pixel6

とうとうマツダの新型デミオが
発売となりました。

口コミではあまりにも良すぎて
「これはやばい」との評価も
あるようです。

車種は3種類あり、それぞれ

13C
13S
XD

となります。

13Cで24.6㎞/L
13Sも24.6㎞/L
XDで30.0㎞/L

13C、13Sはガソリン、
XDはディーゼル車です。

マツダのクリーンディーゼル
とはどのようなものなので
しょうか?

>>>マツダ新型デミオエンジン画像はこちら

・常識を超えた、コンパクト化への挑戦

エンジンがより高い熱効率を
発揮して、同じ量の混合気から
より大きな運動エネルギーを
取り出すためには、

圧縮比は高い方が理想です。

圧縮比が高ければ高いほど、
排気量と投入燃料量が同じでも
ピストンを押し下げる圧力が
大きくなるため、

一般的に、同じ系列のエンジン
でも高い圧縮比のエンジンは
低い圧縮比のエンジンより

高出力・高トルクの場合が
多いといいます。

ガソリン車で

圧縮比の限界と言われている
のが、

14:1

でした。

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

今まで圧縮比の高いクルマと
いえば、

2005年式BMWのk1200Sで
13:1

近年ではマツダが開発した
スカイアクティブ-Gで
14:1

というものがあります。

今回新型デミオの
エンジンスカイアクティブ-Dは

14.8:1

という今までにない圧縮比を
達成しています。

これが燃費の良さにつながっている
のですね。

それを考えると、
このエンジンを作り出すまにで
相当な苦労があったことが
想像できます。

今まで常識が

14:1

というところにあったの
ですから、

マツダはその言葉通り

技術革新

に挑んだ結果だと
いうことですね!

その燃費のよい新型デミオ
ですが、

高速での走行はほぼ
カタログ通りと言われています。

XDはカタログ上は30.0㎞/L
で、タンク容量は35L
ですから

計算上は1050㎞走行できる
ということになりますね!

どこでも行けそうな
感じです。

>>>マツダ新型デミオ 画像集はこちらへ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>