新型クラウン 緑のアスリート。2.0L 直4ターボエンジンでマイナーチェンジ。

pixel35

現行クラウンが登場したのは
2012年の12月。
新型は2015年10月に予定しており、
緑色のデザインもあるという・・・。

現行タイプは2.5L直4ハイブリッド
となり、

主力エンジンが直4というのは、
歴史を見ても大変珍しいことです。

特にハイブリッドが販売の7割
締めており、

モデルチェンジの来年あたりに
新しいエンジンタイプが登場
するという話があります。

それは、2.0L直4ターボエンジン
を搭載するというもの。

マイナーチェンジをする上で、
内外装の小さな変更は、
鉄板ですが、

エンジンが大きく変わるというのは
なかなか目玉なお話ですよね。

現在レクサスNX200tにのみ
搭載している8AR-FTSエンジンは
FFで横置き用のみなのですが、

クラウンへの搭載に合わせて
FR用縦置きタイプが開発される
といいます。

238ps/35.7kgmに変更は
ないのですが、、最高出力が
240psへ大きく改善されるかも
知れないという期待が
かかっています。

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

2.0Lターボの搭載によって、
V6、2.5Lは廃止されることになります。

エンジンのラインナップは

V6の3.5LのNA(アスリートのみ)

直4の2.0Lターボ
直4の2.5Lハイブリッド

4気筒は廃盤になってしまうと
いうのです。

2.0L直4ターボエンジンは
レクサスNX200t同様に6ATが
組み合わされることになります。

1710kg~1740kgの車重のNXでも
十分にトルクフルでキビキビ
としたドライバビリティを
発揮するエンジンですから、

現状1590kgのクラウン2.5L
に搭載されるようになれば、

よりパワフルに、軽快に
走ってくれること、
間違いなしですね。

価格については現状の2.5L
に準じたものになると予想。

アスリート、ロイヤルとにも
最低ラインが370万円~で

GSが500万円~となりそう。

このマイナーチェンジに合わせて
GSモデルが設定されるということ
もあり、

若者層からも注目されるかも
しれませんね!

>>>トヨタ関連の記事はこちらから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>